空間脱出アトラクション 砂塵の迷宮(さじんのラビリンス)
お化け屋敷 怨念旅館 血塗られた刃
空間脱出アトラクション 砂塵の迷宮(さじんのラビリンス) この夏東北初登場!!
砂塵の迷宮は7つの空間を
制限時間内に脱出し、
次の空間へと進んでいく
踏破型の脱出ゲームです。
お化け屋敷でも迷路でもありません。
それぞれの空間から先へ進むための
クイズや問題はありません。
周りをよく見て、
知恵を使って先へ進む出口を探し、
出口を開く方法を考えて進んでください。
7つの空間を踏破した場所、
そこがゴールです。
砂塵の迷宮の世界
はるか、昔、この国から遠く離れた場所に宮殿
があった。
宮殿は栄華を極めたが、魔の呪いをかけられ
先ヘ進めない魔宮となり、入る者を惑わし先
へと進めない迷宮に姿を変えた。
その建宮が一時のあいだ、突然この場に出現
したのだ。
かつての宮殿の女王がいくつかのヒントを残
してくれている。
周りをよく見ながら、迷宮を制覇するのだ!
迷宮の中の空間は7つ。
さぁこの迷宮に足を踏み入れ、空間の謎を解
きながら先へと進み、迷宮の宝を手にしよう!
ミッション
突如現れた「砂塵の迷宮」。聞かぬ扉、道なき行き止まり、数々の謎…。
謎を解いて奥へと進む道を見つけ出し、前人未到の迷宮から脱出しろ!
開催日時 7月16日(土)~8月28日(日)10:00〜16:30(最終入場)
※土・日・祝及び8/12 (金)・15 (月)・16 (火)は9:30 から開催
※ 8/11(木・祝)~ 16(火)は9:30~17:30(最終入場)
会場 ドーム劇場
料金 小学生以上500 円
※小学生以上2名様からご入場いただけます。(1組4名様まで)
お化け屋敷怨念旅館 血塗られた刃
そのほかのイベント情報はこちら
お化け屋敷怨念旅館 血塗られた刃
ストーリー

どこまでも静寂が広がる森。
木に囲まれた鬱蒼とした場所に、その廃墟は存在します。
かつては秘境ブームに乗って、多くの人が訪れていました。
そう、あの事件があるまでは・・・。

舞台は板前として真面目に働く亭主と、器量の良い女将の二人で切り盛りする人気旅館。
予約がとれないと評判の良い宿でした。
二人の間には、3歳になる娘がいました。
娘は忙しい両親にかわり、いつも一緒にいた人形をお友達のようにかわいがっていました。
遊ぶ時も、寝る時も片時も離さず、そばにおいていました。

ある日、旅館で事件がおこります。
宿泊客の財布が盗まれたというのです。それも1度や2度ではありません。
窃盗が多発し、旅館の評判は下がる一方です。見つからない犯人。
それが引き金となり、この旅館に足を運ぶ客は少なくなり、次第に忘れ去られていきました。
先行きが見えない不安からなのか、亭主は朝から酒を飲み、暴れ、人が変わったようになりました。
一方、女将は何とか旅館を立て直そうと、必死で働きました。
娘は、幼いながらも母を労い、酒を飲んで働かない父には近づかなくなりました。

ある日、娘が人形を相手に縁側で遊んでいると、酒に酔った亭主が
「うるさい!こんな人形!」と取り上げようとしました。
娘は人形を守ろうと、必死で逃げ、そして誤って割ってしまったのです。
先祖代々から伝わり、父がもっとも大事にしていた三面鏡を・・・。

怒り狂った亭主は、娘を縁側まで引きずり、井戸にけり落としました。井戸の底に落ちていく娘が最期に見たものは、
父が娘から取り上げた人形、そう、いつも一緒にいた人形の姿でした・・・。

優しく可愛い娘が、亭主に殺されたことを知って母は半狂乱になりました。
いつもと変わらない様子で酒をあおる亭主の後ろ姿目がけて、ナイフを振り下ろしました。
鮮血が噴き出します、母は憑りつかれた様に、何度も何度もナイフを振り落とし、亭主を斬殺しました ―。

―あれから10年。
嵐の夜、道に迷ったあなたの目の前に現れた廃屋は、その事件の現場となった怨霊渦巻く旅館なのです。
最愛の娘を殺された母の怨念と哀しみが、あなたをここに導いたのです。
娘は一人ぼっちで暗い井戸の底にいます。きっと寂しがっているはずだ、と
母は未だに娘が大事にしていた人形を探し続けているのです。

この怨念を鎮める方法はたったひとつ。
あなたが井戸の近くの祠に、娘といつも一緒だったその人形を届けることです。
無事に人形を奉納し、女将の呪いや怨念を鎮めてください。お願いします・・・。

ムービー
開催日時 7月23日(土)~8月28日(日)10:00〜16:30(最終入場)
※8/11(木・祝)~16(火)は9:30~17:30(最終入場)
会場 ドーム劇場
料金 小学生以上600円
シェア
砂塵のラビリンス
そのほかのイベント情報はこちら